Twitter Facebook Google+ LINE

「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」発売

マセラティ史上初のSUVに、待望のディーゼルエンジン搭載モデル追加
「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」を発表

車両本体価格 9,769,090円(税込)

マセラティ桜山は、2016年に発売を開始したマセラティ初のSUV「レヴァンテ」にディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」(右ハンドル)を発売しました。車両本体価格(税込)は9,769,090円となります。

レヴァンテ ディーゼルの試乗については、マセラティ桜山までお問い合わせください。

levante_main-1024
 
マセラティはディーゼルモデルを欧州にて2013年に発表、日本では2016年3月に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入。以来、ディーゼルの概念を超えるパワフルな排気音と圧倒的なスポーツ性能、ディーゼルエンジンならではの環境性能を実現するディーゼルエンジンとして高く評価されています。

最新のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高めるとともに、CO2排出量の低減と優れた燃費経済性、さらに圧倒的なスポーツ性能を実現。低回転域からの高トルクを発生するディーゼルエンジンの特性はSUVをお求めになるお客様の要望により強く応えます。

マセラティ レヴァンテは、マセラティ初のSUVとして2016年10月よりデリバリーを開始。今回発売したレヴァンテ ディーゼルでは、レヴァンテ初の右ハンドルモデルの導入により、日本市場での利便性を更に高めます。クーペのラインを生かした流麗なスタイリングと快適性、実用性に加えて、卓越したオンロード走行性能とオフロード走破性を提供できるよう専用開発。このクラスの車両の中では重心位置が最も低く、前後50:50という理想的な重量配分とCd値0.31とクラス最高のエアロダイナミクスを実現。比類ないオンロード/オフロード走破性を備えるとともに、マセラティモデルならではのエモーショナルなドライバビリティを堪能することができるクラス唯一の存在です。また5+1段階の可変車高を備えたエア・スプリング・サスペンションにより車高調整機能が実用性を発揮し、クラストップの快適性を約束します。

levante_side-1024
 
■最新ディーゼルエンジン

最先端のディーゼルテクノロジーの全てが注ぎ込まれた、画期的な新型3.0リッターV6ディーゼル エンジンは、マセラティ社とイタリアのVMモトーリ社が共同開発。フェラーリF1エンジンのデザイナーを務めたマセラティ社のパワートレーンディレクター監督の下で、マセラティのために専用に開発されました。

この最新エンジンは、275psのクラス最高出力を発生しながらCO2排出量を189g/km*とガソリンエンジンモデルから約25%抑え、燃料消費量は13.9 km/l*を誇ります。最大システム圧が2,000 barのコモンレール式直噴エンジンで、マルチインジェクションシステムによって、燃費と作動音を低減しながら応答性と俊敏性の向上が図られています。また可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーによって、エンジンは低回転域から高い出力と大きなトルクを発生することができます。2000-2600 rpmの回転域で最大トルク600 Nmを発生し(オーバーブースト時)、0-100 km/h加速6.9秒、最高速度230km/hを誇ります。

さらにスタート/ストップシステムによって、燃費とCO2排出量をさらに最大6%低減。クルマが止まるとすぐにエンジンを停止させ、ブレーキをリリースしクルマが再発進するときに自動的にエンジンを再始動させます。

なおエンジン重量はガソリンエンジン比で約150㎏増、前後重量配分はほぼ50:50とほぼ理想的なバランスを維持しています。  

■マセラティ・アクティブ・サウンド・テクノロジー

「ギブリ ディーゼル」は、最先端のコモンレール ダイレクト インジェクションシステムの採用1と、エキゾーストマニホールドの防音効果を高めた結果、ディーゼル特有の燃焼音を大幅に低減。その上で、エキゾーストテールパイプの脇に取り付けられた2つのサウンドアクチュエーターがエンジンの最も特徴的な音色を強調し、ドライビングスタイルに応じて音色を変化。新たに採用されたマセラティ サウンド システムが放つパワフルなエキゾーストノートは、ドライバーがスポーツボタンの スイッチを押すだけでさらにスポーティでアグレッシブに響き渡り、「レヴァンテ ディーゼル」のたくましさを際立たせます。

レヴァンテ ディーゼルの主要諸元および価格はこちら

レヴァンテについての詳細はこちら