Twitter Facebook Google+ LINE

マセラティ レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション発売

マセラティジャパンは、今年のニューヨーク国際オートショーで公開した、レヴァンテ初のV8エンジン搭載モデルを、2019年モデルの日本市場導入に先駆け、日本限定15台のみの特別仕様「レヴァンテトロフェオ ローンチ・エディション」として2018年9月26日より販売開始し、マセラティ桜山でも同日より注文受付を開始いたしました。

レヴァンテトロフェオ ローンチ・エディションは、当車両にのみの専用限定色「グリジオ・ヴルカーノ・マット(Grigio Vulcano Matte) ペイント」をまとったモデルで、今後発売するレヴァンテ2019年モデルには設定されない日本限定の外装色となります。さらに購入者には自身のモデルの生産過程の記録映像が提供されます。

最高出力590ps、最高速度304km/h

レヴァンテ トロフェオ ローンチ・エディションが搭載するのはマセラティのQ4インテリジェントAWDシステム専用に設計された3.8リッターツインターボV8エンジンです。リッターあたりの出力はマセラティ史上最高の156ps/Lとなり、最高出力590ps/6,250rpm、最大ルク734Nm/2,250rpmを発揮します。このV8エンジンは、他のガソリンエンジン同様に、フェラーリのマラネロ工場で手作業で組み付けられており、カーボンファイバー製エンジンカバーにはV8の文字とトライデントロゴが配され、シリンダーヘッドおよびインテーク・マニフォールドは赤くペイントされています。

トランスミッションは、操作性を向上させた新デザインのシフトレバーを採用したZF製8速オートマチックギアボックスとなり、 0-100km/h加速はわずか3.9秒、最高速度は304km/hに達します。

レヴァンテ史上最速のシャシーは、高出力を完全に制御するべく再設計され、刺激的なドライビングはもちろんのこと、高い快適性も維持し、スーパーカーのパフォーマンスを持つグランドツアラーというマセラティの哲学を継承しています。

Levante_-Trofeo_MY19_JAP_04_04_FLAT_LOW_1920x1080
 

よりスポーティさを強調。空力性能をさらに追求

ハイエンドモデルであるこのトロフェオのデザインは、よりスポーティさを強調。スタイリング変更は、主にフロントフェイスの下部およびリヤバンパーで行われており、マセラティ史上最大となる22インチ鍛造アロイホイール”オリオーネ”によってさらに力強さが強調されています。

フロントバンパーの両脇に新たに設けられたサイド・エアインテークは、デザインをよりアグレッシブに見せるとともに、ウィングによってスタビリティを向上。また、カーボンファイバー製のセンタースプリットおよびサイド・ベゼル・ブレードによって空力性能をさらに高めています。リアには、カーボンファイバー製のリア・エクストラクターとボディ同色のリヤバンパー内に収められた4本出しのオーバルのエグゾ―スト・パイプが採用されています。

さらにフロントグリルにはピアノ・ブラックで仕上げられたダブル・バーティカル・バーが配され、下部にはハニカムメッシュデザインを採用。また、ボディ同色のドアハンドル、ダーク・カラー仕上げのエグゾ―ストパイプ、カラーキャリパー、Cピラーに配されたトロフェオ専用のサエッタロゴが、デザインをさらに特別なものにしています。

加えて、ロワー・スプリッター、フロント・エア・インテーク内のサイド・ベゼル・ブレード、サイド・スカート・インテーク、リア・エクストラクターは非常に軽量なハイ・グロス・カーボンファイバーで仕上げられています。エンジンフードには2つのエア・インテークが設けられ、シリンダーヘッドを冷却する役割を持っています。

最高級フル・グレイン・レザー “ピエノ・フィオーレ”を採用

インテリアデザインについては、スポーツシートに最高級のフル・グレイン・レザーである“ピエノ・フィオーレ”を使用し、ヘッドレストには“Trofeo”ロゴを刺繍。この“ピエノ・フィオーレ”はこれまで自動車のインテリアに使用されてきたようなレザーの質を大きく超え、その柔らかな質感は時間とともに独特の風合いを見せていきます。

さらに、新たに設定されたマット・カーボンファイバー・トリムおよびシフトパドル、インストルメント・パネル、メタル製の“Trofeo”バッジ付のフロアマット、伝統のマセラティ・クロックなどがインテリアの特徴となります。また、17スピーカー・1280WのBowers & Wilkinsプレミアム・サラウンド・オーディオ・システムを装備し、エンジンサウンドだけでなく車内のエンターテインメントシステムにおいても最高級のサウンドを提供します。

LV_V8_trofeo_1024_05
 

「コルサ・ドライビングモード」を新採用

レヴァンテトロフェオは他のレヴァンテモデル同様に、理想的な51:49の前後重量配分で、完璧にセッティングされたダブルウィッシュボーン・フロント・サスペンション/マルチリンク・リア・サスペンションと、22インチの鍛造アロイホイールに取り付けられた大口径タイヤと相まって、非常にバランスの取れたハンドリングとスタビリティを実現しています。

既存のノーマル、アイス、スポーツ、オフロードモードに加えて、ローンチ・コントロール機能を備えた新しい「Corsa(コルサ)」ドライビングモードが採用され、究極のマセラティSUVの運動能力を向上させました。コルサ・ドライビングモードではエンジンレスポンスとエグゾ―スト・バルブの開閉タイミングをコントロールするとともに、よりクィックなギアシフト、スポーツモードでのエア・サスペンションレベル、よりスポーティなスカイフック・ダンピング、最適化されたQ4インテリジェントAWDシステムなど、トラクション・コントロールとESPシステムによって、運転の歓びを最大限に高めます。

2018年モデルのギブリですでに搭載されていた車両統合制御システム(IVC)を初めてレヴァンテにも搭載したことで、走行安定性とドライビング・ダイナミクスがさらに向上し、息を呑むような傑出したパフォーマンスを実現しながら安全性も向上しています。

マセラティ レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション
車両本体価格 : 23,700,000円 (消費税込) 15台限定

■限定装備内容
・グリジオ・ヴルカーノ・マット (Grigio Vulcano Matte) ペイント(日本限定)
・車両生産過程記録ビデオ

■特別装備内容
・外装
 22インチ オリオーネ・マットフィニッシュ(鍛造ホイール)
 レッド・キャリパー
 ブラック・ウインドフレーム
・内装
 ピエノ・フィオーレ・ナチュラル・レザー(レッド、グリジオ・ステッチ)
 3D・カーボン・ファイバー・トリム
・オーディオ
 Bowers & Wilkins 高性能サラウンド・システム
・快適装備
 フォーゾーン・クライメート・コントロール
 電動リア・サイド・サンブラインド
 トランク用キック・センサー
 カーゴ・ネット
・安全装備
 トラフィック・サイン・レコグニション

■レヴァンテ トロフェオ 諸元表
・全長 : 5,020 mm
・全幅
– ドアミラーを含む : 2,160 mm
– ドアミラーを含まず : 1,985 mm
・全高 : 1,700 mm
・ホイールベース : 3,005 mm
・フロント トレッド : 1,645 mm
・リア トレッド : 1,670 mm
・フロント オーバーハング : 975 mm
・リア オーバーハング : 1,040 mm
・最小回転半径 : 5.85 m
・トランク容量 :580 L
・燃料タンク容量 : 80 L
・車両重量 : 2,310 ~ 2,340 kg

・エンジン形式 : V8 90°ツイン・ターボ
・総排気量 : 3798 cm³
・ボア × ストローク : 86,5 mm × 80,8 mm
・圧縮比 : 9.44
・最高出力 : 434 kW (590 ps) / 6,250 rpm
・最大トルク : 734 Nm / 2,500 rpm

・トランスミッション : 8速AT
・最高速度 : 304 km/h
・0–100 km/h 加速 : 3.9 秒
・燃料消費率(欧州仕様車の数値)
– 複合サイクル : 13.5 L /100 km
– アーバンサイクル : 18.8 L /100 km
– エクストラ アーバンサイクル : 10.5 L /100 km

詳細は、マセラティ桜山までお問い合わせください。

10-1024
   
マセラティ桜山
住所:〒466-0044 名古屋市昭和区桜山町1-1-3
TEL: 052-851-6222
営業時間:10:00 〜 19:00
定休日:火曜日
(営業日はこちらの営業カレンダーでご確認ください)